ドリームバスター 4 (4)


左サイドメニューから宮部みゆきさんの作品を選んでください

2006年10月30日

幻色江戸ごよみ

幻色江戸ごよみ Amazon.co.jpで購入できます


◇作品の内容◇ 「BOOK」データベースより

盆市で大工が拾った迷子の男の子。
迷子札を頼りに家を訪ねると、父親は火事ですでに亡く、そこにいた子は母と共に行方知れずだが、迷子の子とは違うという…(「まひごのしるべ」)。
不器量で大女のお信が、評判の美男子に見そめられた。
その理由とは、あら恐ろしや…(「器量のぞみ」)。
下町の人情と怪異を四季折々にたどる12編。
切なく、心暖まる、ミヤベ・ワールドの新境地。
ブッキッシュな連作短編集。

 鬼子母火
 紅の玉
 春花秋燈
 器量のぞみ
 庄助の夜着
 まひごのしるべ
 だるま猫
 小袖の手
 首吊り御本尊
 神無月
 侘助の花
 紙吹雪


◇作品のレビュー◇

作成中です。
またレビューを作成してくれる方を募集中です。
コメント欄に記入してもらえると、うれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ゆうすけ at 16:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 宮部みゆきさんの作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この中の「神無月」絶品です。追う者追われる者、この二人の視点から交互に話が紡がれていくのですが、その静寂な雰囲気とは裏腹に巧みな筆さばきにぐいぐい引き込まれます。
「春花秋燈」「小袖の手」は一人の口から語るという体裁をとっている為か、落語みたいで、楽しいです。
「紅の玉」「まひごのしるべ」は切なく悲しく、「器量のぞみ」「首吊り御本尊」はちょっぴり微笑ましいお話です。
どれも読み応えがあり、この本はお得ですよ。
Posted by 一休小僧 at 2007年10月16日 00:07
一休小僧さん
 こんにちは(^^)
 あっ、この本はまだ読んでいないや。
 「神無月」絶品なのですね。
 なんだか、今すぐ読みたくなってきました。
 時間があるときに読んでみます(^^)

Posted by ゆうすけ at 2007年10月24日 10:08
「神無月」を探していました。短編なのでどの本に掲載されているのかが分からなかったのですが新潮社の文庫検索でも出てこないものが「宮部みゆきファンブログ」で見つかりました。役に立ちました。
Posted by onihei at 2007年12月09日 19:19
oniheiさん、はじめまして(^^)

コメントありがとうございます。
とっても嬉しいです。

頭ブログがお役に立てたようで、
嬉しい限りです。

また、よろしければ、コメント
してくださいね。
Posted by ゆうすけ at 2007年12月10日 17:11
器量のぞみをよんだあと、いつもなんかやさしい気持ちになれます!こういう宮部さんの作品も大好き!    

やっとネットができるようになってすぐに宮部みゆきで検索してこちらをみつけました。

ほかにも大好きな作品がたくさんあるのでちょこちょこコメントしにきます!
Posted by ぐみ at 2008年06月17日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26463133

この記事へのトラックバック

宮部みゆきファンブログトップへ

ダイエット食品で7日で2kg減せた!

白猫先生の化学が分かる3つのステップ

最後までお読みいただきありがとうございました。

Copyright 2006 NN-Sp All right reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。