ドリームバスター 4 (4)


左サイドメニューから宮部みゆきさんの作品を選んでください

2006年10月30日

蒲生邸事件

蒲生邸事件 Amazon.co.jpで購入できます


◇作品の内容◇ 「BOOK」データベースより

予備校受験のために上京した受験生・孝史は、二月二十六日未明、ホテル火災に見舞われた。
間一髪で、時間旅行の能力を持つ男に救助されたが、そこはなんと昭和十一年。
雪降りしきる帝都・東京では、いままさに二・二六事件が起きようとしていた―。大胆な着想で挑んだ著者会心の日本SF大賞受賞長篇。


◇作品のレビュー◇

作成中です。
またレビューを作成してくれる方を募集中です。
コメント欄に記入してもらえると、うれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ゆうすけ at 16:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 宮部みゆきさんの作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もし、時代をさかのぼることができたら、、時代を変えたり不幸な人を救ったりできたら、、という願望や夢、それがどう作用するのかSF的に描かれた小説です。歴史とはどういったものなのかという哲学的なものの見方は考えさせられます。時代を超えた恋心の切なさというものにも惹きつけられました。
読み物としておもしろいだけでなく、歴史も概略ではありますが学べます。
とても面白く読ませていただきました。
Posted by ウヨ坊 at 2007年09月08日 01:51
ウヨ坊さん、こんにちは(^^)

コメントいただいて、とっても嬉しいです。
よかったら、これからもよろしくお願いいたします。
Posted by ゆうすけ at 2007年09月18日 10:56
連休中読みました。推理小説というよりSF小説ですね。226事件の頃の日本女性への恋という設定が楽しめました。奈良橋陽子監督で今井雅之主演の映画ザウィンズオブゴットのタイムトリップ思い出しました。宮部みゆきさん同い年なんですがいろいろ面白い小説ありますね
Posted by 福田浩司賞味大臣 at 2008年02月11日 22:29
福田浩司賞味大臣さん
 こんにちは(^^)
 ふむふむ、SF小説なのですね。
 タイムスリップ、それがキーワードのようですが、果たして、どんな作品であるのか、なかなか想像しにくい作品のように思われます。
 そう思うと、またまた読みたくなってくる、僕なのでした。
Posted by ゆうすけ at 2008年02月26日 09:29
読みました。。。
すごく面白いですね!
ふきさんと、再会できなくて
ショックだったけど、
いい終わり方だと思いました。
もう1回読みたいです。
Posted by ぼく at 2008年03月16日 21:48
ぼくさん
 こんにちは(^^)
 コメントありがとうございます。
 とっても嬉しいです。
 たしかに、日本SF大賞受賞作品ってことはあるようですね。
 僕も早く読まなければ(><;
Posted by ゆうすけ at 2008年03月25日 09:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26464148

この記事へのトラックバック

宮部みゆきファンブログトップへ

ダイエット食品で7日で2kg減せた!

白猫先生の化学が分かる3つのステップ

最後までお読みいただきありがとうございました。

Copyright 2006 NN-Sp All right reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。