ドリームバスター 4 (4)


左サイドメニューから宮部みゆきさんの作品を選んでください

2006年10月30日

誰か

誰か Somebody


◇作品の内容◇ 「BOOK」データベースより

今多コンツェルンの広報室に勤める杉村三郎は、義父でありコンツェルンの会長でもある今多義親からある依頼を受けた。
それは、会長の専属運転手だった梶田信夫の娘たちが、父についての本を書きたいらしいから、相談にのってほしいというものだった。
梶田は、石川町のマンション前で自転車に撥ねられ、頭を強く打って亡くなった。犯人はまだ捕まっていない。
依頼を受けて、梶田の過去を辿りはじめた杉村が知った事実とは…。


◇作品のレビュー◇

宮部みゆきさんの三大ミステリーのひとつに数えられることもある作品です。その三つというのが、『火車』『理由』『誰か』なんですが、どう考えても、『誰か』は前作二つに劣っているように思います。

ただ、『火車』『理由』が優れすぎているせいもありますが。

この作品は自転車ひき逃げ犯を追いかける物語ですが、被害者の娘が間に絡んできて、どちらかと言うとそちらの話の方がメインのような気もします。

また、結末がハッピーエンドではない。
しかも、どろどろしているので、宮部みゆきさん独特の読んだ後に爽快感が残るという部分が欠如しているため、読んだ後に、ちょっとした不快感が残る作品でした。

しかし、『誰か』の続編?として『名もなき毒』が刊行されました。
この『名もなき毒』が、最高のできだったため、そんな『誰か』の欠点もみごとに吹き飛ばしてしまっているように思います。

『名もなき毒』の前にちょっと読んでみようかなという次第では『誰か』を読むのもいいと思います。

ちなみに、『誰か』を読んでいなくても『名もなき毒』を読むことに支障はありませんよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ゆうすけ at 17:38| Comment(4) | TrackBack(1) | 宮部みゆきさんの作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
「誰か」今日読み終わりました。
記事中の表記がところどころ「誰が」になっています。
いきなり失礼いたしました。
ゆうすけさん、読みましたらこのコメントは削除して下さいね。
Posted by きになったもので at 2006年11月13日 01:33
ご指摘ありがとうございます。
確かに間違っていました。

早速修正しました。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ゆうすけ at 2006年11月13日 09:55
ゆうすけさん、こんにちは。
ずっと以前におじゃまして以来、ごぶさたしていました。すみません。

『誰か』は地味な作品でしたねー(笑)
事件性という意味では盛り上がりも少なく、興奮もあまりないですが、やはりこういう作品を書けるのは宮部さんだけだな、という気もします。
 この本は、時期を(あるいは年齢を)経て再読するといいみたいですよー。単行本で初めて読んだときには「つまんない・・・」と思ったけれど、文庫になって再読したらけっこう楽しめました。

 トラックバックさせていただきました。
Posted by ぶんこや at 2008年01月11日 22:09
ぶんこやさん
 こんにちは(^^)
 年齢を経て再読すると、また違った味わいがあるのですか。
 そうそう、最近、文庫で発売されていますよねぇ。
 たしかに、地味だったのですが、
 それを聞くと、もう一度読んでみようという気が起こってきますね(^^)

Posted by ゆうすけ at 2008年01月20日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『誰か Somebody』 宮部みゆき 【by ぶんこや】
Excerpt: 誰か (文春文庫 み 17-6)  宮部みゆきさんの作品は、「犯人をさがす」というよりも「誰かをさがす」ものが多くあるように思える。『火車』や『理由』などがわかりやすい例だろう。事件を起こした犯..
Weblog: ぶんこや
Tracked: 2008-01-11 22:06

宮部みゆきファンブログトップへ

ダイエット食品で7日で2kg減せた!

白猫先生の化学が分かる3つのステップ

最後までお読みいただきありがとうございました。

Copyright 2006 NN-Sp All right reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。