ドリームバスター 4 (4)


左サイドメニューから宮部みゆきさんの作品を選んでください

2006年10月30日

ICO〜霧の城〜

ICO  -霧の城-



◇作品の内容◇ 「BOOK」データベースより

何十年かに一人生まれる、小さな角の生えた子。
頭の角は、生贄であることの、まがうことなき「しるし」。
十三歳のある日、角は一夜にして伸び、水牛のように姿を現す。
それこそが「生贄の刻」。
なぜ霧の城は、角の生えた子を求めるのか。構想三年。
同名コンピュータゲームに触発されて、宮部みゆきがすべての情熱を注ぎ込んだ、渾身のエンタテインメント。


◇作品のレビュー◇ by ゆうすけ

ソニーから発売されているプレイステーション用ソフトICOを小説化したものです。

実は僕がはじめに手に取った宮部みゆきさんの作品でもあります。

ゲームICOの大ファンだった僕は、ICOが小説化されると聞き、この『ICO』を待ちに待って購入しました。

ゲームでは、イコの生い立ちや生贄になるまでの話は語られないのですが、小説作品の中ではそのことが明瞭に書かれていて、ゲームとはまた違ったICOの世界に引きずり込まれていきました。

ゲームの中で、置物として騎士の石造が立てられているのだが、お話としては、宮部みゆきさんの小説の中では、この石造の騎士が重要な登場人物になっていたりして、このゲームの内容から、ここまでのお話を作り上げることができる宮部みゆきさんの想像力、創造力に感動。

宮部みゆきさんのファンになった僕は、その後『我らが隣人の犯罪』を読み大ファンになり、『火車』『理由』を読んで宮部みゆきさんの虜になったのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ゆうすけ at 17:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 宮部みゆきさんの作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは驚きました。
宮部さんほどの人がゲームを小説化したのがあると聞き、探して読んだら見事なくらい、ファンタジーの題材を独特の雰囲気、重圧感を持ってして書き上げてました。自分はゲームはやってませんがゲームやらなくてもこの作品は楽しめます。
 80年代にはゲームを小説化はよくありましたがどれも空虚で、あっさりすぎて楽しめませんでしたが『ico』はすばらしかったです。正直、よくゲームをここまで小説にできたなぁと思いました。
 また書いてくださらないかな。
Posted by せらずっち at 2012年09月03日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26467340

この記事へのトラックバック

宮部みゆきファンブログトップへ

ダイエット食品で7日で2kg減せた!

白猫先生の化学が分かる3つのステップ

最後までお読みいただきありがとうございました。

Copyright 2006 NN-Sp All right reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。